RISE work & LIFE work

ten years ago, I was a rice worker.

I waved my disabled certificate and got a job at a large company. manage to keep one’s way.

my work really hard.

becose I am low educational background. but I had unyielding sprit.

「I can not do it because I am disabled」

not want to look like this. It’s just this spirit that’s shat I’ve done. be given the same job as a healthy person.

Up until now, I’ve been working to make a living. But from now on, I wnated to make money by setting up a dream I wanted to do.

do what one wants to do while one has a body that can move. to live by doing what one likes rather than working for a living.

I am enjoy my life evrything.

kiiiiin

腎不全と健常人

腎不全のみなさんへ

今もし自分が健常人だったらどんな人生を送っていたか想像したことはありますか

私は、おそらく腎不全である私の方が濃い人生を送っていると思います。

みなさんはどうですか

kiiiiin

ライスワークとライフワーク

10年前、私はワイスワークでした。

17歳で身体障害者手帳を取得し、21歳までに学校を休学しながら移植、なんとか卒業。そして手帳を振りかざして、大手IT企業の子会社へ就職。今は流れ流され親会社でなんとか仕事を続けられています。

かなりしんどいです。

おおきな原因は、私はかなりの低学歴で、手帳がなければ入ることのできないような就職ができたのです。就職後は周りの同期との考え方や学歴に圧倒されながら新人教育を受け、「こんなハイレベルな会社でやっていけるのか」と日々を過ごしていたことを覚えています。

私には負けん気しかありません。

社内経営層に向けたプレゼン。相手は絶対に負けたくない同期でした。毎日終電までべしゃりの練習をし、初めて触ったPowerPointを作り上げ、勝利を勝ち取りました。会社の益には1ミリも貢献していませんが、絶対に負けたくありませんでした。

「障害者だから、身障雇用だからできない」

他人に絶対にこう思われたくない、自分自身こう思うことを許したくない。この気持ちだけでした。

なんとか業務にも慣れてきたころ、思いました。

仕事が楽しくない。楽しさを求めてない。

家族を養う為、おいしいご飯を食べる為…働く理由はそれしかありませんでした。大手企業で働けている、身障雇用といえど、健常人と同等の仕事を与えられ、それなりに業務をこなせている。

運動制限がある私は、デスクワーク以外の業種でメシ食うことなど考えていませんでした。

社会人丸10年経ち、障害と仕事の両立ができ始めた私は以下のことでライスワークからライフワークへ転身しようと思いました。

以前も書きましたが、「海外勤務」を夢見て、日々奮闘中です。

他にもやりたいことやそのための工夫がたくさんできたのですが、徐々に記事に起こしていこうと思います。

やりたいことはやりたいうちにやろう。私の場合はやれる体があるうちにやりたいこと全部やろう。です。

食べる為に働くのではなく、好きなことをしてメシを食べる。

可能性が広がって、日々楽しい毎日を送っています。

同じ個性なら

あなたの周りに、自分の疾患のことを話せる友人は何人いますか

私は10人くらいです。私は都が運営する身体障害者専門の医療専門学校へ進学しました。

心臓、胃、腎臓、肝臓、さまざまな疾患の方と知り合うことができました。

それぞれが障害者手帳を用い、大手企業へ就職しています。集まれば、体の調子や業種の違う仕事について、情報交換を行います。

この輪が広がれば良いと思います。今後様々な団体やコミュニティにて輪を広げていく活動をしていきたいと思っています。

もしこのblogを読んでくださっているみなさんも、良ければ是非輪に入っていただければ幸いです。

kiiiiin

腎不全は個性だ

不自由なく生活しているからこそ、言えるかもしれません。

過去の私は病気を憎み、なぜ自分が?という考えしかありませんでした。しかし、腎臓が良くなること、これ以上悪くならないことを考え、できることを精一杯する。今では腎不全の知人を通じて多くの友人ができました。

「あなたも腎臓が悪いの?」この共通点だけで距離が縮まります。これは病気ではなく、個性だと、この個性を活かすことが日々を楽しくする1つの考え方だと思います。

Renal failure is unique

I can say that because I can live without inconvenience.

I think so 「why me?」. but I will do everything I can. I have meny friend.

「Are you renal failure?」In common. This is unique, not sick. Making use of individuality. I think one way of thinking to enjoy life.

kiiiiin

腎不全と調べると

行基の説明や、治療方法、国の制度などの情報が出てきます。

もちろん必要な情報ではあるのですが、もっと前向きな情報が出てきても良いのではないかと思います。

このblogがそんな情報になれたらと思います。

when examined as kidney failure

when I examine kidney transplants on the internet, infomation on disease descriptions, methods of treatment, and national systems is provided.

it’s informaiton to need. but I think it would be better to get more positive information.

I hope that this blog will be a positive one.

kiiiiin

障碍者手帳

高校を卒業し、専門学校へ進学しました。その学校の入学資格として身体障碍者手帳が必要でした。

私は自分が身体障碍者だということを認めたくありませんでした。

しかし今では手帳を有効に活用しています。

本人、または付添いの方も適用となるメリットがあります。

Disability certificate

I went on to technical school. I need sisabiliy cetificate, becase entrance qualification. I did not want to recognize myself as disabled.

but I infletion disability certificate. I and attendant have adbantege by disability catificate.

kiiiiin

17歳の透析治療

私は腹膜透析を選びました。

多感な時期に食事、運動、時間を制限されることは本当に辛かった。

学校の友達には本当に救われました。

私はクラスの全員に持病のことを打ち明け、彼らはそれを理解してくれた。

さらけ出すことは怖いことだけど、良い結果を生むときもある。

17 yera old dialysis treatment

I serect peritoneal dialysis.

I was really hard to restrict my diet, exercise and time. I saved by my friend. I tolk my sick to my friend. they are understood it.

It is scard to confide. but sometimes it is good.

kiiiiin

腎不全になった今の私がやりたこと

私は腎移植をし、免疫抑制剤を飲みながら生活しています。移植して10年経ちました。

不自由なく生活できています。

今私がやりたいこと。

海外で働くことです。そのために語学を勉強しています。

調整できる体がある限り、やりたいと思えることは全部挑戦したいと思っています。

I want to do now when I have kidney failure

I had a kidney transplant. I take medicile. I have kidney failure for 10 year. My life is free.

I want to do now overesass transfer, for that reson I study language. I have body to callenge. I try I want to do.

kiiiiin

腎不全と診断された人生

小学2年生

私は腎不全と診断されました。学校の定期健診。規定値より高いと言われ、町医者へ。気が付けば地元で一番大きな病院に検査入院していました。

現在、私は32歳。都内で会社員をしています。

腎不全と診断され、今日までの経験を垂れ流します。

Life diagnosed with kidney failure

2nd grade elementary school. I was diagnosed with kidney failure by school inspection. I was hospitalized if noticed. now I’m 32 years old, currently working in Tokyo. I write down my experience.

kiiiiin